当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

猫がひんやりマットに乗らない理由と対処法は?おすすめの暑さ対策グッズも

猫がひんやりマットに乗らない理由と対処法は?おすすめの暑さ対策グッズも

猫がひんやりマットに乗らない理由と、その対処法についてお話しします。

また、暑い季節を快適に過ごすためのおすすめの暑さ対策グッズもをご紹介しますね。

夏の暑さは、猫も熱中症になるリスクがあります。

ひんやりマットが暑さ対策として人気ですが、中にはこれを避ける猫もいます。

なぜ猫はひんやりマットに乗らないのでしょうか?

猫がひんやりマットに乗らない理由は、

  • マットの材質や置き場所
  • 温度が猫の好みに合っていない
  • 新しいものに対する警戒心
  • 不快な感触
  • 設置場所が悪い

などが、考えられます。

本文で詳しい理由や、その対処法についてお話しますね。

猫がひんやりマットに乗らない理由は?

画像引用:楽天市場

猫がひんやりマットに乗らない理由は、以下の5つが考えられます。

  • マットの材質や置き場所
  • 温度が猫の好みに合っていない
  • 新しいものに対する警戒心
  • 不快な感触
  • 設置場所が悪い

一つずつ説明していきますね。

マットの材質や置き場所

ひんやりマットの材質が猫にとって快適でない場合、猫は乗らない可能性があります。

猫は感触に敏感で、硬すぎたり柔らかすぎたり滑りやすい材質は好まないことがあります。

マットの置き場所も重要で、猫は快適な場所を好みますよ。

マットが直射日光の当たる場所にあると、暑すぎて避けることがあります。

また、静かで安心感のある場所を選ぶことが多いですね。

騒々しい場所や通り道にあるマットは選ばれにくいかもしれません。

マットの温度が猫の好みに合っていない

猫は体温調節が得意で、自分にとって快適な温度を見つけるのが上手です。

そのため、人間が涼しく感じるひんやりマットでも、猫にとっては冷たすぎて不快に感じることがあります。

猫がひんやりマットに乗らない場合は、タオルを敷くなどマットの温度を少し調整してみると良いかもしれませんよ。

猫の反応を見ながら、最適な温度を見つけることが大切ですね。

新しいものに対する警戒心

猫は新しいものに対して警戒心を持ちます。

ひんやりマットを使用するときは、徐々に慣れさせていくことが大切です。

マットを猫のいる場所に置かず、少しずつ移動させて慣れさせると良いですよ。

ひんやりマットなどの新しいものに乗らないのは、安全性を確認するための猫本能の行動と言えるので仕方ないかもしれませんね。

とはいえ、新しいものに対して好奇心旺盛で、すぐに乗ったり触れたりする猫もいます。

愛猫の性格や行動を把握しておくのも重要ですね。

不快な感触

マットの表面が猫にとって不快な場合、乗りたくないことがあります。

マットの表面がツルツルしていると、猫はその感触を嫌がることがあります。

そのため、大理石やアルミ製のマットよりも、珪藻土製のマットのようにサラサラとした感触のものを好む猫もいます。

設置場所が悪い

猫は快適な場所を自分で探します。

猫にとって特に寝る場所は重要で、家の中のどこが快適なのかを探して一番涼しく落ち着いて寝れる場所を探しています。

特にひんやりマットが必要となる暑い夏の時期は、猫にとって少しでも涼しい場所で寝ることがとても重要になります。

そのため、よく過ごす場所や通り道にマットを設置すると乗りやすくなる場合もありますよ。

猫がひんやりマットに乗らないときの対処法は?

続いて、猫がひんやりマットに乗らない対処法についてお話しますね。

マットの材質の変更

猫がマットの材質を好まない場合、違うタイプのひんやりマットを試してみるのも一つの方法です。

猫用のひんやりマットの素材には、

  • 大理石
  • アルミ
  • 珪藻土
  • 接触冷感生地
  • ジェル

などの素材があります。

選ぶときには、猫の好みや感触を考慮して選ぶのが良いですよ。

ジェルマットはやわらかい素材で、クッションやベッドなどやわらかい場所で寝ている猫におすすめです。

引っかいたり噛んだりすると穴が空きやすいので、破れにくいカバー付きのものがおすすめですよ。

>>> 楽天でひんやりジェルマットを見てみる

アルミプレートは、床の上などで寝そべっていることの多い猫におすすめです。

直射日光に当てると冷却効果がなくなるので注意してくださいね。

<<< 楽天でひんやりクールアルミプレートを見てみる

硬い素材の大理石も、床の上などで寝そべることの多い猫に向いています。

冷却効果も持続しますが、価格が少し高めですね。

>>> 楽天で大理石ひんやりマットを見てみる

置き場所の変更

マットの置き場所が問題と思われる場合、愛猫の好みや行動パターンに合わせて配置を変更してみるのも良いですね。

例えば、猫がよく利用する場所や日の当たり具合に合わせて、マットを移動するなどの調整も考えられます。

猫は高い場所が好きなことがあるので、ひんやりマットをテーブルや高い棚の上など猫が好む高い場所に配置してみるのも良いですね。

普段から高い場所が好きな猫ちゃんには、壁に取りつけるキャットウォークなんかもいいですね。

▼猫ちゃんが涼しさを感じながら遊ぶことができます

アピールする

マットの上に愛猫のお気に入りのおもちゃやタオルなどを置いてみると、興味を持つかもしれません。

お気に入りのおやつやご褒美を置くことでも、興味を持ってくれる可能性もあります。

猫がマットに乗ったり近づいたりしたら、褒めたりご褒美を与えます。

繰り返しているうちに、マットを楽しいと思わせることができるかもしれませんよ。

周りの環境を整える

マットの周りの環境を猫にとって魅力的なものにすることで、マットに興味を持たせることができます。

例えば、周囲に愛猫の匂いがするものを置いたり、猫の周りに慣れ親しんだアイテムや家具を配置するという方法です。

これらの対処法を試してみて、猫がひんやりマットを利用するかどうかを見てみてください。

無理に乗せようとしないことも重要ですよ。

 

おすすめの暑さ対策グッズ

猫がひんやりマットにどうしても乗ってくれない場合や、組み合わせて使うおすすめの暑さ対策やグッズをご紹介します。

ひんやりおもちゃ

画像リンク先:楽天

ひんやり生地を使用したけりぐるみです。

抱え込んでけりけりして遊ぶ姿が可愛いですよ♪

体内に閉じこもった熱をすばやく奪ってひんやりさせてくれます。

またたびが使用されているので、夢中になって遊びます。

▼夢中でネコキック♪遊びながらひんやりのけりぐるみ

>>> エビ以外にもバナナやスイカ、ペンギンのデザインもあります【楽天】

クーラーネック

画像リンク先:楽天

猫用のクーラーネックです。

水で洗えるので衛生的にもいいですよ。

選べるカラーが17色と豊富にあります。

首輪など苦手な猫ちゃんは嫌がる可能性もありますが、普段から抵抗がない場合は暑さ対策に便利ですね。

▼こちらから画像でカラーを確認できます

冷温ヒーター付きペットハウス

画像リンク先:楽天

冷温機能付きのペットハウスです。

床面の温度を14~40℃まで調節できるので、オールシーズン使えますよ。

箱に入ったり、狭い空間が好きな猫にはおすすめです。

▼季節や猫ちゃんの体調に合わせて使える♪冷温機能付きペットハウス

冷感キャットタワー

画像リンク先:楽天

暑い季節でもくつろげるキャットタワーです。

愛猫がひんやりマットに乗らないなら、自然とキャットタワーで涼しげにくつろいでもらうというのもいいですね。

ハンモックや透明ドーム、爪とぎも付いていてます。

天然ラタンの素材が使われているので、暑い季節もさわやかにくつろぐことができますよ。

▼冷感キャットタワーの詳細を画像付きで見てみる

熱中症を予防するための猫用のひんやりグッズや、冷たい水を循環させる水飲み器、暑さ対策に最適な猫用のひんやりおもちゃなど役に立ちますよ ^^

他の暑さ対策としては、

  • エアコンやサーキュレーターで部屋全体を涼しくする
  • 水分補給を促すために水を数か所に置く
  • 日差しを遮るカーテンを使用する
  • ブラッシングで冬毛を除去する

なども効果的ですよ。

猫のひんやりマットの必要性は?

暑い季節や暑い部屋で過ごすと、猫も熱中症にかかる可能性があります。

ひんやりマットは、体温を下げて猫を快適に保ち熱中症を予防するのに役立ちます。

快適にくつろげる環境は、ストレスの軽減や健康状態を維持するのにも役立ちますよ。

特に老猫や熱をあまり好まない猫にとって、ひんやりマットはありがたいアイテムです。

ですが、猫にひんやりマットが必要かどうかは、好みや生活環境によって変わります。

愛猫に快適に過ごしてもらうためにひんやりマットは良いアイテムですが、全ての猫にとって必要とは限りません。

ひんやりマットが必要な猫

  • 暑さに弱い猫
  • 長毛種の猫
  • 老猫や健康に問題がある猫
  • 好みの問題


ひんやりマットが必要でない猫

  • 冷房が効いていて快適な環境で過ごしている猫
  • 健康な若い猫
  • 家の中に快適なお気に入りの場所がある猫

猫が快適に感じる室温は約20~25度と言われています。

毛の長さや健康状態にもよりますが、室温が快適なら猫もその温度で快適に過ごすことができますよ。

愛猫がひんやりマットに乗らないのは、必要のない環境にいて快適に過ごせているかもしれませんね。

猫がひんやりマットに乗らない理由と対処法 まとめ

猫がひんやりマットに乗らない理由とその対処法、さらに暑い季節を快適に過ごすためにおすすめの暑さ対策グッズをご紹介しました。

猫がひんやりマットに乗らない理由は、

  • マットの材質や置き場所
  • 温度が猫の好みに合っていない
  • 新しいものに対する警戒心
  • 不快な感触
  • 設置場所が悪い

などが、考えられます。

対処法としては、

  • マットの材質や置き場所の変更
  • お気に入りのおやつやおもちゃで興味を持たせる
  • マットの周りの環境を変える

などがあります。

無理に乗せようとせず、様子を見て付き合っていくのが良いですよ。

どうしてもマットに乗らない場合でも、他にも暑さ対策や便利なグッズはあります。

まずは、室内環境を快適に過ごせるようにすることが重要ですね。

愛猫が快適に過ごせるように、少しでも参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました