使い捨て哺乳瓶ステリボトルとプレイテックス!旅行や災害におすすめ

使い捨て哺乳瓶おすすめのステリボトルやプレイテックス!旅行や災害用に便利

赤ちゃんがいるご家庭での育児用品として欠かせない哺乳瓶。

哺乳瓶といえば使い終わった後の洗浄も必要ですし、長時間のお出かけとなると荷物も増えるし・・・なんて困る事もありますよね?

今回ご紹介するのは、旅行や外出時・災害などの非常用として役に立つ「使い捨て哺乳瓶」です。

災害などで哺乳瓶が洗えない状況になった時、長時間の外出となると哺乳瓶を2本も3本も持ってでかけないといけないですよね。

ご紹介する哺乳瓶なら「使い捨て」なので便利で安心できますよ。

中でも人気でおすすめなのが「ステリボトル」「プレイテックス」です。

実際に哺乳瓶ランキングの上位に入っていて人気です。

ランキングはこちらからでも見れます。
↓ ↓ ↓ ↓

<< 哺乳瓶人気ランキング【楽天】

使い捨て哺乳瓶で人気なのはステリボトル

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クロビスベビー クロビスベビー 使い捨て哺乳瓶 ステリボトル 5個×3セット 液体ミルク対応
価格:4860円(税込、送料無料) (2019/6/30時点)

楽天で購入

ランキングでも上位に入っているステリボトルの使い捨て哺乳瓶。

使い捨てなのでもちろん消毒不要ですし、持ち運びする時も軽いので楽です。

どんな時に便利で役に立つかというと・・・

  • 飛行機や電車・車などでの移動中
  • 旅行や長時間の外出
  • 夜中や朝の忙しい時や急いでいるとき
  • 災害などの非常用
  • 誰かに預かってもらうとき

こういった時にすっごく買っててよかった~!って思います。

特に夏は雑菌が繁殖しやすいし、出かけるときには使い捨ては衛生的にもいいので助かりますよ。

また、地震などの災害も増えている中、赤ちゃんの防災グッズとしても用意しておくと安心できます。

いざという時のために準備しておくといいですね。

こちらの商品は5本×3セットですが、5本入りでの販売もあります。

どちらも送料無料です。

使い捨て哺乳瓶ステリボトルの口コミ

実際にステリボトルを購入された方の口コミをご紹介します。

  • 二か月前ですが飲めるか心配でしたが、むせることなく飲めました。
  • 捨てられるので荷物も減るし便利!空気孔の向きだけ気をつければすぐに慣れてくれました。
  • 旅行のとき洗浄消毒の不安がなくなる分、気持ちが楽です。荷物はかさばりますが、使うごとに減るので問題ありません。
  • 災害緊急用に購入。洗浄も消毒も不要なので安心できるし、コンパクトで軽量なので備蓄や持ち出しにもいいと思います。
  • 旅行や災害用のストックとして購入。まだ使っていませんが持っているだけで安心できます。

使い捨て哺乳瓶プレイテックスも旅行や災害におすすめ

先ほどご紹介したステリボトルとの違いは、

「哺乳瓶の中に使い捨てパックを入れる」です。

哺乳瓶1つあれば、あとは使い捨てパックを使うだけ!なので、落ち運びにも便利です♪

こちらの災害用にはもちろん、旅行やお出かけのときにも便利で衛生面も安心できるということで人気です。

100回分の使い捨てパックが入っていますが、きちんと殺菌済みですし安心して使えます。

送料無料ですし、ギフトとしてもおすすめできますよ。

使い捨て哺乳瓶チューボも便利!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おでかけ用消毒済み使いきりほ乳ボトル チューボ chu-bo! 4個入り【箱入り】
価格:998円(税込、送料別) (2019/6/30時点)

楽天で購入

こちらの使い捨て哺乳瓶「チューボ」も旅行や災害用に便利です。

使い捨てタイプのポリプロピレン製の哺乳瓶で、洗浄や消毒ができないときに便利です。

きちんと消毒済みでパックされているので安心して使えますよ。

乳首とボトルがセットになっていて、乳首は吸い出し量が3段階に調整できるので子供の年齢に合わせることができます。

4個入りで1000円以内で購入できますが、送料がかかるのが少し痛いですね。

使い捨て哺乳瓶のまとめ

いかがでしたか?

使い捨て哺乳瓶をタイプ別にご紹介させていただきました。

  • ステリボトル
  • プレイテックス
  • チューボ

中でも人気があっておすすめは「ステリボトル」です。

  • 旅行や外出時に便利で、洗浄しなくて楽だし荷物も軽くて済む
  • 災害用の非常時として備蓄しておくと安心

育児用品に欠かせない哺乳瓶も、使い捨てで「楽」で「安心」になれるよう準備しておくといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする